top of page

価格改定顛末記

ここ数年いつも色んな理由を付けては先延ばしにしてきた価格の見直し。


上がる事あれば下がる事もあるんじゃない???メニュー変えるの大変だし、

何より顧客様に,,,,,などなど見当違いの理由で既に4年は経っってしまった。

経営者としては失格間違い無しですが、誰に迷惑かける訳でもないしで頑張ってきました。

小麦、牛肉、ポテト、油、野菜、光熱費、輸送費、人件費、これらが僅か数年で全て高騰

中には2倍3倍になったものも、よってとうの昔に限界は超えてました。

にも関わらず、この春から更なる仕入れ価格の高騰、さすがに危機感を覚え、

メニューの見直しから原価計算、、、


で何とか価格維持出来ないか考えて出た結論は、仕入れ価格が3倍になったフレンチフライポテトをやめて現状価格を維持する。

他にもトマトを抜く、玉ねぎの産地を変える、調味料を変える、

などなど試行錯誤致しましたが、ポテトを抜く事で価格維持出来る事に大満足。

新メニューが出来上がり、さていよいよ来月からスタート、、、


その前に再度の見直し、


ここで冷静な意見が、これ価格維持じゃないよポテトがつかないんだから、、

確かに。本末転倒とは正にこの事。いつの間にか値段を上げない事で満足して居ました。

ハンバーガーにポテトはつけるものではなく、付いているもの。

よって開業当時からダイヤモンドダストカフェではポテト付き!!忘れてました。


バンズとパテはさすがに変える議論はありませんでしたが、

調味料の変更、冷凍野菜、カット野菜、どれもこれも値段を維持する為とはいえ

考えてしまった自分を反省。初心を忘れてしまった結果の大間違いの試行錯誤でした。


そんなこんなの結論として、ホットドッグ各種は価格据え置きできると判断し、据え置き。

ハンバーガー各種は今まで通り、フレンチフライホテト付きで価格改定としました。


バンズ、パテ、変更なし、野菜も従来通り、タマネギは北海道北見市留辺蘂の坂下農園さんから

オホーツクをサイズ選別して直送していただき、夏秋トマトは高山市丹生川の平田農園さんから

王様のトマト麗月を週2回、そしてレタスは地元菅平高原新村農園さんの朝どれシャキシャキレタス。


㊙️レシピのダイヤモンドダストカフェ自家製造の各種ソースには、何十種類もの素材や

調味料を使っていますがこれも一切妥協せず、今まで通り味で選んだ、某社の高級醤油、

某メーカーの高級味醂を使用し、塩、胡麻、全部今まで通り味にこだわり続けます。

長々あれやこれや悩んだ挙句、結局素材レシピは一切変えない事になりましたが、

改めて見直す事で色んな気づきがあり、考えさせられる事も多々ありました。

結果としてハンバーガー各種を値上げさせて頂く事となったのは、いまだに心苦しいのですが、その分従来より更に更に心してサービス向上に努めるぞーーーー初心忘れるべからず。


2024Ddust m最新(ドラッグされました)
.pdf
ダウンロード:PDF • 92KB

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page